「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
2015年 01月 22日

地域おこし協力隊を終えて定住せず、地元に戻る選択をした僕が残せたものは何か。

先日、1月18日(日)に活動報告会(地域住民向け)、1月21日(水)に活動報告会(市職員向け)を行いました。
それぞれ80名近い方にお越しいただきました。お忙しい中、本巣市地域おこし協力隊の活動報告会にお越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

活動報告会で使う資料を作成する中で、自分自身の活動を振り返りながら、ずっと考えていたことがありました。
それは、「地域おこし協力隊を終えて定住せず、地元に戻る選択をした僕が残せたものは何か。」ということです。
昨年11月28日付のブログ記事「ご報告。」でも書いていますが、僕は今月末で本巣市地域おこし協力隊を退任し、根尾地域を離れ、退任後は地元の北海道に戻る選択をしました。


d0327814_1213084.png


1月18日(日)の活動報告会(地域住民向け)で、僕は以下のことをお伝えしました。
・たった2人だけの越波(おっぱ)集落での活動を通じて、自分の故郷について考えさせられた。
・家族や身近な人を大事にして暮らす根尾地域の人たちを見て、自分は家族や身近な人を放ったらかしではないかと感じた。
・地域おこし協力隊という仕事を通じて、自分の中で出したまちづくりに対する答えが「ずっと暮らしていく」ことであり、ずっと…と考えると地元の北海道で暮らすことが頭に浮かんだ。
・根尾地域で暮らす中で1人の「人」として地域の人たちと接する中で、本当に大切なものを得ることができた。それは、「故郷を心から想う気持ち」であり、「家族や身近な人を大事に想う気持ち」だった。

【家族や身近な人を放ったらかしではないかと感じるきっかけとなったエピソード】
一昨年の夏、4年振りに北海道富良野市にいる祖母に会いに行った時のこと。以前会った時と比べ、祖母は認知症がかなり進行していて、もう僕が孫だということはわからなかった。そのことは確かにショックだったが、それ以上にショックだったことは、時間を空けすぎてしまったせいか、祖母に対して何を話していいかわからず、会話がまともに出来なかったこと。祖母と同じ年代の根尾地域の人たちとは1時間でも2時間でも話ができるのに、祖母にはそれができなかった。その時に、自分は身近な人を放ったらかしではないかという気持ちになった。


d0327814_14202432.jpg


発表の最後、「今日、僕は根尾地域で活動してきたことよりも、活動してきた中で感じたこと、学んだことを中心にお話しました。ここにいる皆さん一人一人がこの発表を聞いて何か1つでも考えたこと、感じたことがあると思います。お願いです、どうかその考えたこと、感じたことを周りの人たちと話してみて下さい。頭の中で考えて終わりにはしないで下さい。それだけはお願いしたいです。そこから本当に全てがスタートすると思っています。」と言って締めくくりました。

活動報告会が終わった後、地域の方のお家で送別会をして頂きました。お家に着くと、クラッカーが「パン!パン!」となり、「お疲れ様~!」と温かい言葉をかけてもらいました。
その後、こんなことを話してくれました。
「将太の発表を聞いて、故郷の大切さを改めて教えられた。本当は私らがやっていかないといけない。これからは頑張って動いてみるね。」
送別会が終わり、携帯を見ると、地域の方からメールが1通。
「越波の活動は、出来る限り参加して、越波の人を助けていきます。東さんが蒔いてくれた種は引き継いで花を咲かせていくからね!」
一緒に越波で活動した先輩からもメールが1通。
「まっくすがおらんくても、越波や黒津も途絶えさせずに存続できるように頑張ってみるわ。」


活動報告会の10日前、地域おこし協力隊OBの方からアドバイスをいただきました。
「何を伝えるか…。自分が感じた地域の素晴らしさでいいんじゃないかな?それに気づけたことが活動報告に繋がると思います。何をしたのかよりも、何を学んだかだよね、きっと。その気付きが、聞いてくれる人の気付きになると思います。だって、「僕は〇〇をして〇〇という成果を出しました!」なんて発表は聞きたくないと思うし、まっくすにも似合わないし!」

そのアドバイスを受けて、活動報告会で使う資料を大きく変更しました。そうした理由は、ただの形式的な報告会ではやる意味がないと思っていたし、来ていただいた方の時間を少しでも意味のあるものにしたかったから。そして、何より自分の想いをきちんと伝えたかった。

そして、18日(日)の活動報告会が終わってからの地域の方からの反応、前向きな声。「地域おこし協力隊を終えて定住せず、地元に戻る選択をした僕が残せたものは何か。」僕は、この時ようやく、それが何かということに気付くことができました。


d0327814_15334323.png
d0327814_15335592.png


根尾地域を離れるという決断は決して簡単に出した答えではありません。苦渋の決断でした。
昨年9月、お世話になっている地域の方に初めて「地元に戻ることに決めました。」と告げた時の気持ちは一生忘れることはありません。
号泣してくれて「根尾にいてほしいけど、東君が決めた道なら全力で応援するよ。」と言ってくれました。
その時、根尾での経験、根尾で過ごした時間、根尾でお世話になった全ての人に恩返しをするつもりで、精一杯これから地元で生きていこう、と強く心に誓いました。

もちろん、根尾地域の全ての人に理解されて送りだしていただけるとは思っていません。
数字だけで結果を見た時には、定住しないわけですから、根尾地域の人口も-1になります。本巣市の地域おこし協力隊事業の実績も悪くなってしまいます。

ただ、僕は本巣市地域おこし協力隊として根尾地域で活動をして、1人の住民として根尾地域で暮らす中で、故郷を心から想い、家族や身近な人を大事に想う人たちと出会い、「地元の北海道で暮らしたい」という気持ちになりました。
僕にとって地元の北海道はとても大切な場所で、大好きな場所です。

来月からは北海道に戻りますが、今後も個人的に根尾地域の人たちとはお付き合いをしていきます。
すでに多くの方が、今年の夏あたりに北海道旅行に行くための貯金をし始めているみたいです笑。
根尾地域で過ごすのも、あと9日間となりました。
まだまだ送別会がいくつも続くので、頑張って泣かないようにして乗り切りたいです。(昨日の活動報告会(市職員向け)の最後は、感極まって泣きそうだった…。)

d0327814_1681212.png

[PR]

# by motosu-neo | 2015-01-22 16:16 | 地域おこし協力隊 | Trackback | Comments(6)
2015年 01月 02日

根尾地域で初めて年越しをしました。

ブログをご覧頂いている皆さま、新年あけましておめでとうございます。
昨年に引き続き、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今回の年末年始は帰省せず、根尾地域で過ごしています。ちょっと振り返ってみます。


■2014年12月27日(土)
お世話になっている地域の方のお家で行われた餅つきにお招きして頂きました。
d0327814_20161747.jpg
▲外国人の方は10年以上前に根尾地域の中学校で英語を教えていた先生。(写真左)

お家に着くと、すでに沢山の人たち。
親戚が集まっているのかと思って聞いてみると、親戚ではなく、かつて根尾地域で英語を教えていた先生をはじめ、10年以上前から家族ぐるみで付き合いのある知り合いの方々ばかりでした。
この時期の恒例となっている餅つきとのことで、とっても素敵な空間と時間の中に入れて頂いたことが何より嬉しく、本当に心地よい時間でした。
つきたてのお餅、美味しい料理、本当にごちそうさまでした。


■2014年12月29日(月)
この日は、1日置いての餅つき。
これまた、お世話になっている地域の方のお家で行われた「餅つき&BBQ」にお招きして頂きました。
d0327814_20172740.jpg

d0327814_20181629.jpg

d0327814_2018573.jpg
▲一番張り切っていた86歳の元気なお父さん。

こちらは親戚の皆さんが集まっていました。
親戚の集まりの中でしたが、快く受け入れていただき、皆さんとワイワイしながら、沢山お話できたことがとっても楽しく、あっという間に時間が過ぎていきました。
こちらも、つきたてのお餅、美味しい料理、本当にごちそうさまでした。

d0327814_20195023.jpg
▲甘くて美味しかった根尾産のじゃがいも。


■2014年12月31日(水)
そして、大晦日。
午前11時半頃、近所で熊が目撃されたと放送が入る。
まだ冬眠していない熊がいるのか…と思いつつ、自分が住んでいる神所(こうどころ)地区の氏神様、姥ヶ(うばが)神社へ向かいます。
d0327814_20202153.jpg
鏡餅が飾られていました。
準備を終えたお父さんが一服していたので、ちょっとおしゃべり。
別れ際、「良いお年をお迎えください。」と告げて、歩いて隣の地区へ移動します。

10分ほどで、隣の地区に到着。
大晦日のこの日、いつもお世話になっている市役所の方のお家にお招きして頂いたのです。
豪華な料理に美味しいお酒。
ご家族の皆さんの団欒の空間に入れて頂き、たっぷり6時間くらいお食事しながら色々とお話させていただきました。
美味しい料理、本当にごちそうさまでした。
d0327814_20204483.jpg

 

午後9時半すぎ、神所地区に戻ります。
ここから、さらに近所のお家にお邪魔しました。
紅白歌合戦、ゆく年くる年を見ながらのカウントダウン、無事に2015年を迎えることができました。
d0327814_2021628.jpg

その後、皆さんと一緒に姥ヶ神社へ初詣に行きました。
当番の方がたき火をして待っていました。
d0327814_20212668.jpg



昨年の終わりに、2015年1月末をもって、地域おこし協力隊を途中で退任して根尾地域を離れ、地元に戻ることをお伝えしていました。
そんな中で過ごす年末年始でしたが、多くの方に声をかけていただき、地域の方とともに素敵な時間を過ごすことができました。
また、12月30日(火)には帰省中の本巣市出身の友人が根尾に来てくれて、色々と話をする時間もありました。俊貴、ありがとう!

家族団欒の中に混ぜていただくこと、快く受け入れて下さる地域の皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
残りの任期は、ちょうど1か月です。
本当に短い時間だと思いますが、後悔しない時間の使い方をしていきたいと思います。


-----------【お知らせ】-----------
■この度、本巣市地域おこし協力隊の「活動報告会」が開催されることが決定致しました。
日時:2015年1月18日(日) 13:00~15:00
場所:根尾文化センター3階ホール(岐阜県本巣市根尾板所625-1/本巣市役所根尾分庁舎隣)
どなたでもご参加いただけますので、よろしければ、お越しください。
d0327814_20214514.jpg
▲元旦早々、積雪79cmとなった根尾地域。
[PR]

# by motosu-neo | 2015-01-02 00:18 | 地域おこし協力隊 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 19日

84歳のアマゴ養殖第一人者が、後継者に後を引き継ぐ瞬間に立ち会いました。

今回は、ストックしていた記事を一つ。


■11月25日(火)
この日、アマゴ養魚場へ向かいました。

【アマゴ】
⇒サケ科サケ属の渓流魚で、今日では幻の魚と言われて居る日本古来の在来種。姿、形、味、どれをとっても一級品で“渓流の女王”と呼ばれるにふさわしい品格を持つ。より詳しくはこちら
d0327814_958334.jpg


養魚場に着くと、ちょうど卵を消毒している所でした。

d0327814_9585748.jpg
▲消毒中のあまごの卵

d0327814_1003099.jpg
▲水産用イソジン液10%


(イソジンに水産用なんてあったのか…。と驚きつつ…)

水産用イソジン液10%は、マス類(ニジマス、アマゴ、ヤマメ、イワナ等)などサケ科魚類の卵消毒にのみ使用でき、安全安心な養殖魚生産のために使用されるようです。こちらに詳しく書いていました。


d0327814_10102096.jpg


この根尾地域でアマゴと言えば、越波(おっぱ)地区の五郎さんです。

アマゴは、越波で一番親しまれている川魚です。
清流である根尾川を利用したアマゴ養殖は挫折と失敗の連続だったようですが、夫婦二人三脚で何とか続けられてきました。2年前までは…。

今から、2年前。
地域おこし協力隊となった直後にお話を伺いにいった場所がアマゴ養魚場でした。
もちろんお話を伺ったのは、五郎さんです。
その時の内容を簡単に言うと、
①80歳を超えてきたので、そろそろアマゴの養殖から手を引きたい
②熱意ある後継者を探してほしい


この2点でした。
後継者を探してほしいということでしたが、自分自身何をしていいかわからず、結果何も出来ないまま2年が経とうとしていました…。


そんなこんなで、先日のブログ記事でも紹介した「雪囲い作業」の時に、五郎さんが「ようやく後継者が見つかっての~、25日にたまご孵化させる作業を教えるんや。東君も見にくるか?見に来や~。」と言っていただき、養魚場に足を運んだというわけです。
この2年間で後継者に名乗りをあげた人は5~6人いたようですが、五郎さんが信頼をおけると判断した人はいなかったようです。
ちなみに、最終的に後継者となったのは、市内在住の方です。

d0327814_1074688.jpg


d0327814_1011949.jpg
▲白くなってしまっている卵は丁寧に一つ一つ取り除きます。(検卵)

d0327814_1011594.jpg
▲木の枠に網を張った物に卵をひろげます。

d0327814_10121355.jpg
▲孵化するまで、水につけた状態で1か月ほど待つと孵化をするようです。楽しみですね。


d0327814_10123939.jpg
▲アマゴの卵の数は7万



d0327814_1020494.jpg
▲アマゴの甘露煮


個人的には、鮎よりもアマゴの方が断然好きです。
アマゴという存在は、根尾地域に来るまで知りませんでした。
その美味しいアマゴも、養殖する人がいなければ食べられません。

2年前、後継者は見つかるだろうかという不安でいっぱいだった五郎さん。
そしてこの日、作業の工程を嬉しそうに後継者に教える五郎さん。

今回、その嬉しそうな表情を見ることができ、こちらも嬉しい気持ちになりました。
[PR]

# by motosu-neo | 2014-12-19 07:40 | 越波地区 | Trackback | Comments(2)
2014年 12月 11日

冬期閉鎖によって集落を離れる直前、その集落にたった1人で住むおばあちゃんに話を聞いてきた。

d0327814_9464361.jpg


d0327814_9402913.jpg
▲国道157号線(根尾能郷~根尾黒津)


この日は、地元の人たちも滅多に通らない国道157号線を走って、携帯電話の電波が届かない黒津集落へと向かいました。
普通自動車が1台やっと通れるくらい、ガードレールもないカーブが続きます。

d0327814_9415891.jpg



この道を無事通過すると、黒津集落が見えてきます。


d0327814_9425439.jpg



d0327814_1035058.jpg
▲冬期閉鎖を前に、雪囲い作業も終わっている様子。



この日は、黒津集落に住む光子さんにとって冬期閉鎖のため集落を離れる日の直前でした。
例年、黒津集落への道(国道157号線の一区間)は豪雪のため、冬期閉鎖となります。
光子さんは冬期閉鎖の期間は街に住むお子さんと一緒に暮らします。

d0327814_9453716.jpg
▲黒津集落にたった1人で住む光子さん


光子さんは黒津集落で生まれて、84年間、ずっと黒津集落で暮らしてきました。

「街に出ようとは思わなんだ。街の方が便利だとは思わへん。田舎の方が好きやで。田舎の生活の方がいいね。」
「その時は不自由なこともあったやろうけど、今では不自由したとか、苦労したとかって思いだされへん。今幸せやなぁ~って思う。」


「色んな人の出会いがあってね。良い人に恵まれて、そして皆良い出会いがあって~、良い人ばかりに出会って~、ここまで来れたんね、有難いと思って。皆さんに感謝しています。」
「出会う人出会う人が気の合う人ばっかで、出会いが良かったもんで、今でもこうして元気でおられるんや。」



「街に出ようとは思わなんだ。(思わなかった)」
18歳で上京した自分とは正反対の言葉でした。

「良い人ばかりに出会って~、ここまで来れたんね、有難いと思って。皆さんに感謝しています。」
心からそう思っていることが伝わる言い方でした。


この日、光子さんの言葉を聞いて、やっぱり『人』なんだなー、としみじみ思いました。
結局、そこなんですよね。
帰り際、光子さんが「あんたとの出会いもそうや~。」と言ってくれました。
光子さんにとって“気の合う人”に選ばれたのかと思うと、とっても光栄に思います。


d0327814_10143782.jpg
▲集落を離れる際に光子さんが笑顔で言った一言


この部分、先日放送された名古屋テレビ(メ~テレ)の「UP!」という番組で、黒津集落・越波集落を特集していただいた12分間のVTRの最後に流れました。
「来年は余計元気になって来るよ。」
不意を突かれて思わず笑ってしまいましたが…笑、その一言を自然と言えるところは本当に凄いなぁと思いました。
光子さんには、来年も再来年も、変わらずに元気でいてほしいです。
今年は、休日にも何度も黒津集落に足を運びました。
また、必ず会いに行きます!

d0327814_134584.jpg

d0327814_13435582.jpg
▲12月6日(土)から冬季閉鎖となった国道157号線(能郷~県境)
[PR]

# by motosu-neo | 2014-12-11 11:12 | 黒津地区 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 08日

名古屋テレビ(メ~テレ)『UP!』12月10日(水)18:15~放送決定!

先日、取材を受けましたTVの放送日時が決定しましたので、 お知らせします。

d0327814_1082871.jpg

名古屋テレビ(メ~テレ)『UP!
■放送日:2014年12月10日(水) 18:15~

※放送エリアは東海3県(岐阜・愛知・三重)になります。
※2つ目の「特集コーナー」で紹介される予定です。(番組開始と同時にご覧ください!)
※当日のニュース内容により放送延期になる場合がございますので、ご了承ください。



たった2人だけの越波(おっぱ)集落のこと、その隣のたった1人だけの黒津(くろづ)集落のこと、越波週末ワークキャンプ~秋合宿編~のことなど、12分間のVTRで紹介される予定です。


今回のTV取材のきっかけとなったのは、このブログでした。
取材終了後、番組ディレクターの方からお手紙が届きました。
そこには、「越波、黒津の方にお会いするきっかけを与えてくださり、心より感謝しています。」と書かれていました。
番組ディレクターの方をはじめ、スタッフの皆さんには名古屋から何度も越波、黒津集落に来ていただきました。
名古屋からの所要時間は車で片道3時間です。
こちら側が感謝しなくてはいけないと思っています。
名古屋テレビ(メ~テレ)のスタッフの皆さんには、心から深く感謝を申し上げます。


ブログをご覧の皆さん、是非ご覧になってくださいね。
d0327814_10265519.jpg

[PR]

# by motosu-neo | 2014-12-08 10:37 | 地域おこし協力隊 | Trackback | Comments(0)