本巣市地域おこし協力隊~まっくす隊員ブログ

motosuneo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 10日

岐阜県で初!『週末ワークキャンプ』開催に向けて準備中!!

2012年9月に僕は東京台東区の浅草から根尾地域に移住してきました。
そして、2013年12月。
本巣市地域おこし協力隊となって1年3か月。
残りの任期は1年4か月。ということで、本当にちょうど折り返し地点に立っています。
d0327814_1654752.jpg
この1年3か月の時間。
当然ですが、自分だけでは何もできないことを痛感しました。
いつも支えてくれる人、アドバイスをくれる人、そして地域の人たちの応援や協力がありました。

今まで、僕は地域づくりに関する仕事をしてきたわけでもない。
特別なスキルやノウハウ、幅広い人脈をもっているわけではない。
正直に言えば、地域おこし協力隊になる人はそういったスキルやノウハウ、幅広い人脈を持っている人がやるべきなのかもしれないと思う時もあります。
そう思うのは、任期が3年とあまりに短く、その時間はあっという間に過ぎてしまうからです。

先日、他の地域で活動している地域おこし協力隊の方のフェイスブックの投稿を見かけました。
地域おこし協力隊を辞任することにしたという内容でした。
そこには、こんな理由が書かれていました。
地域おこしはそんなに甘いものではない
僕もそれを感じます。
『地域おこし協力隊』という仕事、というより、まちづくりに関わることがどれだけ難しいか。
どれだけ覚悟がいるのか。
想像していた以上の厳しさを日々感じています。

ただ、僕はこれからの後半戦。
厳しいのは分かっていますが、今を一生懸命に取り組むことにしました。
辞めようとかは考えませんでしたが、(あくまで自分自身の問題ですが)迷いは常にあります。
その迷いの中で続けるべきかは少し考えました。
でも、地域おこし協力隊OBの方や相談に乗っていただいた先輩方からアドバイスをもらい、今、この『地域おこし協力隊』としてやるべきこと、やれることを全力で取り組む。
そのことだけに集中していこうと決めました。
だから、あんまり任期後のことはまだまだ考えていません。
残りの後半戦を、この根尾で出来ることをやっていこうと思います。
d0327814_167865.jpg
---------------------------
前置き、長くなりました!!
こちらが書きたかった記事です。笑
冒頭にも書きましたが、もうあっという間。
来年度が最後です。とても早く感じます。
最終年度に何をするのか、メインでこれをやるというのがやっと決まったような、動き出したような感じです。
来年度は、『越波(おっぱ)週末ワークキャンプ』を2回開催します!
d0327814_1683915.jpg
週末ワークキャンプ?
実は、ちょっと前の記事で書いています。10月23日でしたね。熊野の限界集落でワークキャンプ!
これは、NPO法人NICE(東京都新宿区)が行っている取り組みです。
週末の1泊2日の日程で地域外の若者にボランティアとして来てもらい、地域の困りごとである作業を地域住民の方と一緒に行ってもらうというものです。
これはいわゆる…、
【新しくイベントをやる→人員不足→ボランティア募集】ではなく、
【地域の困りごとがある→どうしても人手が足りない→ボランティア募集】というものです。
つまり、地域内の困りごとを解決するというのが前提にあります。なので、新しく大きいイベントを始めるわけでもありません。
根尾地域越波地区にある"困りごと"に対して、協力するためにこの『週末ワークキャンプ』というものを活用する、という感じです。
ということで、10月下旬から色々と動いています。
週末ワークキャンプに関する情報を集めるために休みを利用して福井県に2度行ってみたり、今週末は再び三重県熊野市に、来週は東京に行きます。
開催地区として予定している越波地区の自治会長さんとも打合せをしたりもしています。これはその地区の皆さんの協力が絶対的に必要になるからです。
なぜ、根尾地域の越波地区でやるのか?は、今後書く記事の中で紹介していきますね。
d0327814_16212912.jpg
そんなこんなで週末ワークキャンプ開催時にボランティア参加者が宿泊する施設「越波村民の館」を下見。
行ったことはあるのですが、細かい所の設備や部屋の点検などを行いました。
d0327814_16165172.jpg
こちらは地区の方が昔、よく遊んでいた川。
通称「蛇池(じゃいけ)」と呼んでいたそうです。
d0327814_1622989.jpg
すごく静かで川の流れも緩やかで子供が遊ぶのにはとても良い場所です。
ここを近いうちに何とか昔の姿に戻したいと、打合せの際に、自治会長さんはお話してくれました。
今は確かに草が邪魔している状況でした。
この遊び場の復活というのもいいかもしれません。
明後日は越波地区、この村民の館の数年前の改修にも協力したNPO法人ライフサポートお・りーぶ様との打合せがあります。
出来る限り、多くの方を巻き込んで、この「週末ワークキャンプ」を形にしていけたらと思います!!
d0327814_1624155.jpg

[PR]

by motosu-neo | 2013-12-10 22:42 | 週末ワークキャンプ


<< 東京では出会うことのなかった価値観      戸別訪問で地域の大事な課題が見... >>