本巣市地域おこし協力隊~まっくす隊員ブログ

motosuneo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 28日

まさゑさんから学ぶ、終戦後の越波の暮らし

久しぶりに根尾に雪が降った、21日の朝。
d0327814_15231297.jpg

越波(おっぱ)地区出身の小野島まさゑさんにお話を伺ってきました!
玄関先で越波のことでお話を伺いたいという旨をお話すると、快く快諾してくれました。こたつ、さらにお茶とミカンも出てきて取材スタート。本当に有難いです。
まさゑさん、ありがとうございます!!
d0327814_15322141.jpg
こたつの中で、トータル1時間ちょっと越波のことをお話していただきました。
僕:ではまず、越波にいた時はどういうものを食べていたんですか?
【~越波での食について~】
・終戦のすぐ後、よう食べたのは栃のこざわし。栃の実の皮を剥いて、煮て、ざるでこして水に2日間さらして、それをとって、水気を絞って、味噌・ネギ・小豆を合わせて混ぜ込んで、それをおにぎりみたいにして焼いて、それを主食みたいにして食べとった。
・終戦のすぐ後で米がないで~、少しの米にヒエ(稗)を混ぜて、それを30分くらい蒸して食べたり
そば粉はお茶や湯で掻いて、それも主食みたいにして食べた(そばがき)
・それからね~、そう食べんもんでも言ってもいいの?どんぐりの実も同じようにして食べたけど、それはあんまり美味しくなかった!笑
グゾバ(クズのこと)の根っこも同じようにして食べた
・食べれるもんは何でも食べた
弘法芋はそれは昔から。親の親の代から出とるやつやで~3時のおやつに。何もないもん、買ってくるものが・・・。今でも弘法芋は作っているけど、今年からは補助金出なくなるでアカンわ…。
・昔は1日4食だった。朝、11時、15時{小昼(こびる)と呼んでいた}、18時に食事だった。今は食べ物もええで、3回になったわな。昔はそういうもんばっか食べとったで、お腹が空いてばっかおったで~。

途中、手作りの栃もちも出してくれました。お餅の上の味噌も手作りです。
まさゑさんの話を聞いてから頂くとち餅は、今まで食べたとち餅よりも少し特別な味に感じられました。柔らかくて本当に美味しかった。
d0327814_15332965.jpg

【~越波での暮らしについて~】
・むしろ織りをした。
・冬は夏に履く草履を作り、男は草鞋、女は草履作り。
・冬は炭俵を何百枚も編んで作った。炭俵はかや。ススキをまだ青いうちに刈って乾燥させて、秋のうちに取り入れとくの。
こちら、俵を編むときに使っていた道具(たてあみ機の一部)を今も持っているということで、見せてもらいました。
この道具の名前は「コンツ」、または「コン太」と言うそうです。(←この名前がわからなくて役場の人に聞いたらすぐに色々と調べてくれました。みなさん優しい!)
d0327814_15572865.jpg
d0327814_15525139.jpg
僕:越波では「もらい風呂」というものがあったんですよね?
もらい風呂あった、あった!
風呂でもね、誰かの家が沸かすとみんな入りにいったんよー!
呼ばれやうんゅぬよー(←ココだけ方言が聞き取れなかったけど、たぶん「呼ばれたら行くんよ」だと思う笑)
「風呂したよーーーー!」って
「風呂したで来てーーーーー!」って
◯◯作ったで食べにおいでー!とか。そういう温かみのある生活はもう今はない…。
当時は、他の家に行ったり、来たりするのが当たり前だった
当時は、食べるものもない者もおったし、食べさせんで弱る子もおったし。
どこでも(食料を)買えれんのやで~。自分たちで作ったもんしか。
そんでも昔ながらにも男のしっかりしてるとこは何でもとったり、良かったけど、男でもしっかりしてない所は…あかなんやで。
隣の子供は食べさせてないで、うちの親はせいぜいお粥やけど持ってくの…。

【~仕事について~】
まさゑさんの父親は「木挽き(こびき)」という仕事をしていたようで…
d0327814_2129198.jpg

木挽きっていうて。栃の大木を切ってオガ(大鋸)でひいて板にして、あちこちに売って金にしていた。
特殊な仕事やでね、そんでこども9人を食わせてた。
他の大半は炭焼きで生計を立ててた。
栃の木で観音様を作って供えたいと願ってた。栃の実でこどもを食べさせて、自分の仕事は栃の木でお金を稼いでこどもを育てたからね~。
おとっつあん、死ぬまでそれを言ったよ…。

他にも、冬の越波に医者は来てくれないので、医者がいる樽見まで親戚みんなで交代で背負って運んだ話など、本当に貴重なお話をお話してくれました。

今回の終戦後の話もそうですが、今の時代、終戦後のことは教科書やインターネットで調べられることは多くあると思います。
でも、記憶にずっと強く残るのは人から直接聞いた話だと僕は思います。
日々の食事、生活していくことで精一杯だった時代に生まれたまさゑさんの話は心に残るものがありました。
今回もこうやって越波についての記事を書いているけど、少しずつでも越波という所がどんな集落で、どういう人たちが関わっているのか伝わっているのだろうか。
たぶん、もっといろんな方法で伝えられることがあるはずなので、いろんな方法を試していきたいと思います。
春になったら、越波へ続く道路の通行止めが解除されます。
越波に来ていただける方には、今回のまさゑさんのお話もしながら越波を案内したいと思っています!!
ということで、越波に行きたい方、絶賛募集中です。
d0327814_15481397.jpg

[PR]

by motosu-neo | 2014-01-28 07:00 | 越波地区


<< 上石津、住民手作りの温泉を視察!!      レッテンバッハ村 村長講演会 ... >>