本巣市地域おこし協力隊~まっくす隊員ブログ

motosuneo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 24日

たった2人だけの集落を背負う“覚悟”

根尾地域の樽見駅や役場がある中心部から車で約50分。
峠を越えたところにあるのが、越波(おっぱ)集落です。

4月8日(火)
冬期閉鎖のため12月からずっと行くことが出来ませんでしたが、4月上旬に解除されたため、早速自治会長の三郎さんと一緒に越波入りしました。
僕は4ヶ月ぶりに越波集落に足を踏み入れました。
最初、三郎さんはシャクナゲの群生地がある場所に案内してくれました。
5月上旬には花を咲かせるようです。
d0327814_8284289.jpg
こちらがシャクナゲの葉。
d0327814_8242429.jpg
案内してくれたシャクナゲの群生地からは能郷白山(1617m)を望むことができます。
d0327814_115533.jpg
今回の目的は、「越波(おっぱ)週末ワークキャンプ~春合宿編~」の準備のためです!!
この度、詳細が決定しましたのでお知らせします。
このイベントは、主に大学生や若手社会人をターゲットにしています。
移住促進のためのイベントではなく、たった2人だけの集落に来て地域の方と一緒に作業をして、都市での生活の中では感じられないことを感じてもらって、色々なことを経験してほしいなぁという思いから企画しているものです。
本イベント詳細はコチラです。
d0327814_8243987.jpg
※週末ワークキャンプについては、以前のブログ記事をご覧ください。
こちらはワーク場所となる【蛇池(じゃいけ)】
蛇池は昔、越波の子供たちが毎日のように遊んでいた川原のことです。現在は草木が生い茂り、荒れた状態となっています。
その蛇池を再び、誰もが遊べる川原にすることが今回のワークの目的になっています。
d0327814_1151297.jpg
中に足を踏み入れると、荒れ放題という感じです…。
d0327814_8313888.jpg

4月22日(火)
再び、自治会長の三郎さんと一緒に越波入りしました。
今回の目的は、越波週末ワークキャンプ春合宿の会場となる集会所の下見のためです。
ちょうど越波にある桜が満開を迎えていました。
根尾地域の中心部にある淡墨桜(うすずみざくら)は4月5日が満開だったので、17日遅れです。
d0327814_16434538.jpg
d0327814_1716010.jpg
越波からの帰りの車で、三郎さんはこんなことを話してくれました。
「越波は“俺”がいなきゃダメになる...。」
越波は三郎さんの故郷です。
このブログを読んでくださっている方にも故郷はあると思います。
例えば、自分の故郷のことを想像してみてください。

三郎さんのように「“俺”がいなきゃダメになる...。」という想いを持って、故郷のために動いている人はどれくらいいるんだろうか…、と考えてしまいます。

確かに、越波は廃村寸前、超限界集落と言われる特殊な地域ではあります。
でも、自分が生まれ育った故郷のために動いている三郎さんや越波出身者の方と会ってお話をすると、いつも色々なことを考えさせられます。

三郎さんはこう続けます。
「周りからは自分の故郷で好きなことを好きなだけやって羨ましがられるかもしれんけど、それはそれで、大変な部分もある。」
三郎さんは2011年から越波集落の自治会長を務めています。
それも、かなりの“覚悟”をもって自治会長という役を引き受けました。

果たして自分が70歳を超えた時に、そんな大きい“覚悟”を背負えるだろうか。
26歳の自分は今、そんな覚悟を持てていない。
持っているつもりでいるのかもしれないけど、多分それはきっと弱くて小さい。

たった2人だけの集落を背負う“覚悟”
この覚悟に触れてみたいという方は、是非「越波(おっぱ)週末ワークキャンプ~春合宿編~」に参加してみてはいかがでしょうか。
特に本巣市出身で、今は本巣市を離れて暮らしている大学生や若手社会人には特に来ていただきたいです。
このブログを読んでいらっしゃる皆さんの周りに、それに該当する若者を知っているという方がいらっしゃいましたら、是非紹介していただければ、とても嬉しく思います!!
本巣市に長く住んでいながら、根尾地域にあんまり行ったことがないという方にも来ていただきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします!!

----------------------------------------
昔から、越波で育てられてきた伝統野菜の「弘法芋(こうぼういも)」
今年も強力な柵を設置して収穫に向けての準備は大丈夫そうです。
d0327814_17111227.jpg
これは数日前に越波出身者などが集まって設置をしたそうです。
今年は量を多く収穫したいということで、種芋を植える間隔を昨年より10cmほど狭くしたとのことで、沢山の方に弘法芋を味わっていただけるのではないかと思います。お楽しみに!!
▼昨年収穫した「弘法芋」 (写真撮影日時:2013年08月11日)
d0327814_829447.jpg

[PR]

by motosu-neo | 2014-04-24 08:51 | 越波地区


<< ふるさと「越波」に対する思いを...      10数年振りに神輿が復活!! >>