本巣市地域おこし協力隊~まっくす隊員ブログ

motosuneo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 06日

地域おこし協力隊OBの印象に残った一言 「活動地域は、人生のターニングポイントになった場所。」

8月1日(金)
兵庫県豊岡市へ行ってきました。コウノトリの飛ぶまち豊岡市
d0327814_11172714.jpg
d0327814_1137124.jpg
▲こんな自動販売機が駅前にあったりします。



豊岡市に来た目的は、三重県熊野市地域おこし協力隊OBの方との意見交換のためです。
お話を伺ったのは今年の1月まで三重県熊野市地域おこし協力隊として活動し、協力隊卒業後は兵庫県豊岡市にオープンした施設「豊岡1925」で勤務されている、外園淳一さんです。

外園さんは、一昨年に岐阜市で行われた研修でお会いしてから、地域おこし協力隊として活動する上での相談をさせていただいたり、さらには社会人の先輩として様々なアドバイスをしてくださった方です。
今年の3月で三重県熊野市の地域おこし協力隊を卒業されてからは、兵庫県豊岡市で活動されています。
今回は地域おこし協力隊卒業後、外園さんが働いている「豊岡1925」を実際に訪問し、現在の仕事についてのお話を伺うとともに、任期終了を控えた3年目の時期をどのように過ごしたのか、地域おこし協力隊の任期を終えて感じること、担当地域の住民や行政との関わりについてなど、地域おこし協力隊を3年間経験してきたからこそ話すことができる「本音」についてのお話を伺ってきました。
ちなみに僕が現在、越波(おっぱ)地区で行っている「週末ワークキャンプ」は、外園さんが任期中に開催していた「熊野週末ワークキャンプ」に僕が参加したことがキッカケとなっています。

その前に【豊岡1925の紹介】です。
今年4月にオープンした、旧豊岡市役所南庁舎別館を改修した「お菓子」をテーマにした拠点施設。
1925年、北但大震災のあったころのイメージで統一された施設内には、ホテル、カフェレスラン、スイーツの販売、バーがあります。

▼豊岡1925外観
d0327814_11182131.jpg

▼豊岡1925の建物は近代化遺産として、登録有形文化財に指定
d0327814_15442921.jpg

▼豊岡1925 お菓子のショーケース
d0327814_11281784.jpg
外園さんから、現在の仕事についての説明をしていただいた後、事前に用意していた質問を何個かさせていただきました。
少しだけですが、紹介しますね。


―――地域おこし協力隊をやっていて良かったことは?

「人脈、ネットワークですね。普通に会社勤めをしていたら出会えないような人たちと沢山出会うことができたので。」


―――豊岡に住んで4か月経ちますが、熊野について考える時はありますか?

「あるね。今でもよく熊野の人とは連絡をとってるよ。間違いなく第二の故郷だし、人生のターニングポイントになった場所だと思う。お世話になった分、今は色々なものをここで吸収して必ず熊野に恩返ししたいと思って今を過ごしている。熊野を出る時には関係がこれで切れるとかではなく、恩返しするつもりでいるのでと言って出てきた。」
d0327814_16331289.jpg
▲レトロな部屋で質問し続ける僕(写真左)と丁寧に質問に答えてくださっている外園さん(写真右)


外園さんにとって、
地域おこし協力隊として3年間過ごした活動地域は、『人生のターニングポイント』になった場所。


人生のターニングポイント。
あっても人生で1、2回です。
滅多にあることじゃないです。

人生で1度しかないような貴重な経験をしたのが地域おこし協力隊として3年間活動した地域だったと外園さんは話してくれました。

これって結構スゴイことだと思うんです。
地元の人からしてみたら、ただ単に「この地域は本当に良い所でした!」って言われるよりも嬉しく感じるのではないかと思います。
だって、「この地域は本当に良い所でした!」って言うなら観光で来た人でも言えちゃいますよね。

でも、「ここが自分にとって人生のターニングポイントになりました。」っていうのは、
実際に地域に住んで地域の人たちと一緒に悩みながらも一緒にやってきた、自分や地域と真剣に向き合ってやってきた人でなければ、そう発言することは難しいと感じます。

外園さんはそれだけ真剣に覚悟をもって地域と向き合ってきた。
だから、その言葉を言えるのだと思いました。

外園さんは地域おこし協力隊を卒業してから三重県熊野市を離れて今は兵庫県豊岡市にいます。
しかし、お話を聞いていると、「今の仕事も熊野のため」、「恩返ししたい」と熊野への思いがもの凄く強いなぁと感じます。

『覚悟』が間違いなくあるんですよね。


外園さんの強い言葉が自分に突き刺さりました。

僕は2012年9月から地域おこし協力隊として活動を始めてもうすぐ2年が経ちます。
そして、任期終了は2015年3月31日です。(本巣市の場合は年度末で終了です)

残りの任期は、半年とちょっと。


決めるのは自分。
ビシッと決めていこ。
d0327814_16561012.jpg

[PR]

by motosu-neo | 2014-08-06 09:51 | 視察・研修・セミナー


<< たった2人だけの越波集落のお盆      美濃和紙より古い!? 越波集落... >>