本巣市地域おこし協力隊~まっくす隊員ブログ

motosuneo.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 31日

直接、耳を傾けること。

視察が終わり、翌日は福島県いわき市「被災地スタディツアー」に参加しました。このツアーはいわき市の委託で「いわき復興支援・観光案内所」が行っています。中型バスで移動し、参加費用は無料です。福島県内で自治体がこのようなツアーを行っているのはいわき市だけということでした。今回僕が参加したコースは、いわき駅集合→豊間・薄磯被災地→小名浜港(昼食)→勿来(なこそ)発電所→いわき駅解散というコース。

JRいわき駅
d0327814_11241038.jpg

福島県いわき市は震災による人的被害は446名(平成25年6月24日現在)沿岸部では津波の被害は相当なものでした。しかし、南三陸や陸前高田、女川といったよく報道される土地と比べて、いわき市はあまり報道されずに、“マイナー被災地”という名がついているくらいです。(被災地にマイナーというのはちょっとあれですが…)実際に、皆さんもいわき市が被災地だという印象はあまり強くないのではないでしょうか。僕もこのツアーがあることを知るまではいわき市がこんなに被害を受けていたとは知りませんでした。知る機会がなかったといった表現の方が合っているかもしれません。


福島県いわき市薄磯地区薄磯海岸。津波で111名が犠牲となった場所。いわき市全体の人的被害が446名ですから、この薄磯地区で起こったことがどれだけのものであったか想像ができると思います。あの日、この地区の津波の高さは8.5mで、死者(直接死)111名。280世帯あった薄磯地区。今残っているのは19世帯のみ。波の音が静かに聞こえる本当に静まり返ったような町でした。とにかく静かでした。そして、実際に、被災をされた地元の方が語り部となり当時の生々しい状況を語って下さいました。津波が迫ってきた時、足が悪かった90歳の近所のおばあちゃんを置き去りにした話。野良犬が津波の恐怖で腰を抜かしていてその場から動けなくなっていた話。
「震災から2年4カ月経った今でも、普通じゃないです。妙にテンションが高い状態が続いています。1番心配なのは、その反動で鬱の状態が来るんじゃないかと不安で不安で…、いろんな場面でとにかく明るく振る舞うように努めています。」 「性格、価値観、人生観、すべて震災後で変わったと思う。」
「津波の音の記憶が全くない。あれだけ家を壊して、人だって相当流されているはずなのに、私の家内も同じで津波の音の記憶がない。理由はわからない」
「記憶はとぎれとぎれ。震災のあの日の記憶がとぎれとぎれになっているのは、全て思い出すと精神に混乱を起こすから。だってあの状態、あれ地獄だよ。あの状態の記憶を100%頭で覚えてたら、もう生きていけねーって。だから忘れさせてくれてるんですよ!私はそう思います。」
d0327814_11254433.jpg

堤防に描かれたカラフルな絵。地元の子供たちやボランティアの人たちが描いたそうです!
d0327814_1127597.jpg

小名浜港のいわき・ら・ら・ミュウでは大震災展が行われていました。
d0327814_11275817.jpg
d0327814_11291513.jpg
d0327814_11301699.jpg

小名浜港近くのお店。お母さんにオススメされて「なかおち丼」を頂きました!うまかったー。
d0327814_1131379.jpg
d0327814_11314815.jpg

そして、常磐共同火力株式会社「勿来(なこそ)発電所」の見学へ!ここは、津波により発電設備が運転停止になる状況のなか、懸命の復旧作業で約3か月半の驚異的なスピードで8・9号機の再稼働をした火力発電所。電気を届けるんだという強い使命感で復旧作業をされたようです。本当に凄い!!
d0327814_11355035.jpg
d0327814_1137296.jpg

NHK福島局の夕方のニュース。どれも震災関連ですね…。(1番目は大雨ですが)
全国のニュースでは震災関連のニュースばかりという日はなくなってきていますが、ここ福島では今もこのような状況です。福島に来てみないと、こういうことはわからないですね。
d0327814_113883.jpg

いわき市内の映画館。こんな看板も普通にありました。
d0327814_11245732.jpg


自分で足を運んでみて、TVのニュースだけでは得られない本当に多くの学びがありました。
僕は、あの日は東京にいて普通に会社で仕事をしていました。あの突然の大きな揺れ、周囲の人の叫び声、そしてパニックになった東京。ただ、震災以降、実際に被災地には足を運んでいませんでした。それが心にずっと残っていました。今回は、いわき市が行っている無料のスタディツアー。実際に被災された方が語り部となってお話をしてくださるということで参加を決めました。どうしても当時の状況を知りたかった。福島の人たちの声を直接自分の耳で聞きたかったんです。何でもそうですが、現場でしかわからない事が沢山あります。今回の件は特にそうです。今はPCやスマホで沢山の情報をいつでも気軽に得ることができますが、やっぱり現地に行ってそこにいる人の声を聞くと全然違います。そして、忘れません。人から聞いた話だと「へーそうなんだ。大変なんだねー」で終わるかもしれませんが、自分の耳で聞いたこと、自分の目で見たことは決して忘れません。だからこそ現地に行くこと、直接何かを感じることが大事だと思います。これは被災地の件だけではなく、他の色々なことにも共通していると思います。本当に色々なことを考えさせられる機会となったことは間違いないです。語り部の方も震災から時間が経った今だからこそ、普通に話すことができるとおっしゃっていました。40分以上も当時の状況を思い出しながら話して下さった語り部の方の想いを伝えたいという思いから、ブログに書かせていただきました。何か伝われば嬉しいです!
[PR]

by motosu-neo | 2013-07-31 15:08 | 被災地スタディツアー
2013年 07月 31日

視察を終えて一言。

視察から帰ってきて数日が経ちました…。
そろそろブログにしないと、ということでがんばって書きます。笑

福島県三春町の滝桜。
本巣市根尾の淡墨桜と同じく日本三大巨桜のひとつで国の天然記念物です。



活動場所である本巣市根尾地域からは片道5時間半でした。田舎に住んで慣れたのか、もう5時間半でも驚きません。先月も車で三重県尾鷲市に行った時は片道5時間くらいだったと思うし。
樽見駅→大垣駅→名古屋駅→東京駅→郡山駅→(下の写真の電車で)→三春駅という流れでした。
d0327814_20231366.jpg

d0327814_20253789.jpg

d0327814_9474084.jpg

2両編成の良い感じの電車でした!
郡山駅からは13分。あっという間に到着です。
三春駅。とっても静かでした。緑に囲まれた中にぽつんとある駅という印象です。
三春町は日本三大巨桜の滝桜があるんですが、滝桜以外にも数多くの桜、枝垂れ桜が町中にあるんです。本当に“桜の町”といった感じです。三春駅構内にはこんな番付も!?三春町にある桜の1本1本(ほとんどの桜?)に名前がある。それだけでもいかに力を入れているのかがわかります。スゴイです。
d0327814_2113926.jpg

そして、三春駅までわざわざ三春町役場の方に迎えに来ていただき、滝桜がある滝地区の滝集会所に向かいました。本当にありがとうございます!感謝しきれません!!

【滝桜がある滝地区の『滝桜保存会』のみなさんとの懇談会】
d0327814_9434494.jpg

お忙しい中、5人のメンバーの方にお集まりいただきました。
みなさん、この滝桜がある滝地区にお住まいの方々です。最初は、さすがに僕も1人だったので、少し緊張していましたが、吉野屋さんの淡墨桜のお菓子を食べながらお話しているうちに和やかな雰囲気になっていきました。5人のうち3人が橋本さん。滝地区では7割の方が橋本さんみたいです。
滝桜保存会は、20名で活動中。平成2年に結成されました。主な活動は、春の桜の開花時期のゴミ拾い(ボランティアで行う)、草取り(年4回)、たい肥作り~11月下旬から12月にかけて山の木の葉を集めて、2年をかけて何回も土の切り返しをしながら作る。木の葉を完全に腐食させたたい肥を使うようです。なお、草取りの作業をしたあとは、滝集会所で慰労会を行うこともあるのだとか。楽しい雰囲気で地域活動をすることはやっぱり良いことですね。
たい肥についてですが、震災前は、その草は家畜のえさにしていたようですが、震災後、放射能の関係でえさにはできなかったようです…。そして、震災後に作ったたい肥、放射能は実際に検出されなかったけど、どうしても観光客が来る滝桜の周りにそのたい肥をまくことはできなかった。観光客の人たちに配慮して…。そういうこともあって色々と苦労されているようでした。
また、地元のみなさんが子供の頃は幹の空洞の中に入って遊んだり、枝にぶら下がってブランコしたり、木登りしたりして遊んでいたとか。木登りして降りれなくなった子もいたそうです。
今となっては大事な三春町の観光資源。滝桜は“ステータス”、“誇り”とおっしゃっていました。
d0327814_20354830.jpg
d0327814_20372557.jpg

実は、滝桜から1番近くにある小学校に『滝桜を守る会』という組織があります。授業の一環として『滝桜保存会』の方々と一緒になって活動もしています。今年は小学校側からの提案で一緒に滝桜の種を拾う作業をしたようです。小学校の子供たちと地域の方々が一緒になって滝桜を守る。滝桜を通しての多世代交流!これは根尾でもやってみたいなと思いました。まさにそうなれば理想です。

【滝桜の苗木を育てて販売しているモーちゃん農場へ】
d0327814_20425929.jpg
d0327814_20464040.jpg

お話を聞いたのは、柳沼喜久子さん。
喜久子さんのおじいちゃんが最初に滝桜の種を拾ってきて苗木を育てはじめた。喜久子さんは子供の頃からおじいちゃんのお手伝いをしていました。現在は農場内の敷地に多くの桜の苗木があります。種はおじいちゃんが昔、滝桜から拾ってきた種から育った滝桜2世から、今は取っています。滝桜は枝垂れ桜です。ここでは実生の苗木を育てています。種から育てると7割がしっかりと枝垂れるようです。これにはビックリ!その枝垂れた苗木だけを残しているんです。
モーちゃん農場の由来は牛が沢山いたから。今は牛はいません笑。農場では、桜の苗木、花、野菜を作っています。桜の苗木は売り上げの半分くらいを占めるそうです。ちなみに三春町では最大規模で苗木を作っているのがモーちゃん農場!喜久子さんは「土をいじるのが好きだからやっている。芽が出るのが楽しみだしね。」と大変だけど楽しいと話してくれました。また、三春町には他に苗木を作っている、花木生産振興会というグループがあります。ここは、接ぎ木で苗木を販売していて4人ほどが活動しているようです。
喜久子さんは3代目。昨年、熱心に活動されていたご主人が亡くなり、今は1人で苗木を管理し販売までしています。何でここまで頑張れるのか、と聞いてみると、「お客さんがいるからやらないわけにはいかない…笑」と一言。震災以降、TVで全国放送されたこともあり、さらに色々な所から注文が殺到。とにかく忙しく、この春は送るだけで精いっぱいという状況だったようです。

今回、視察を通して感じた事は、根尾地域も三春町もそうですが、地域に“桜”というシンボルがあることは強みであるということ。そして、その“桜”とともに生きている地元の人たちがいる。地元の人にとっては昔からある木で、小さい頃によく遊んでいた木。でも、やっぱりヨソモノ視点の僕からすると、“桜”の存在感というのは際立って見えます。“桜”があるからつながることができた地域、つながることができた人がたくさんいるはずなんです。そして、これからも、過疎がさらに進行するであろうこれからも“桜”を守り続けることはとっても大事なことのような気がします。僕自身、幼稚園~高校卒業まで生まれ育った北海道北広島市には、そういった地域のシンボルのようなものはなかったです。そういうものがある地域は本当に少ないです。間違いなく根尾地域にとっても、三春町にとっても“桜”は強みなんです。その強みを新しい視点で活用する方法、根尾地域の人たちが無理なく活動に参加できるような仕組み作りをどう行っていくべきなのか、この辺がすごく大事だと思っています。視察を終えて、自分自身の活動のモチベーションもあがりました。改めて、地域おこし協力隊はモチベーションをコントロールすることが難しいな~と実感しています…。今回の視察を通して感じた事を今後の淡墨桜プロジェクトに活かしていけるように気合いを入れて、入れ直して?取り組んでいきたいと思います!!最後に、今回の視察で関係者様などへのご連絡、日程調整をしていただき、当日も同行までしていただいた三春町役場産業課の国分様、滝桜保存会の皆様、モーちゃん農場の柳沼喜久子様、本当にお忙しいなかご協力いただき、ありがとうございました!!
[PR]

by motosu-neo | 2013-07-31 10:40 | 淡墨桜
2013年 07月 25日

福島県三春町へ視察に!

気が付けば、7月25日。早いです!

さて、活動の軸として動き始めている、『淡墨桜プロジェクト』。

ここ、最近は停滞していました…。
停滞というか、方向性は見えてきていますけどね。

この件で、市の担当者にミーティングの際に相談をしました。

僕自身も、現在淡墨桜の活動に関わっている方を中心に色々な話を聞きに歩き回りましたが、みなさん共通しているのは、
「淡墨桜は根尾地域のシンボルであるということ」
「淡墨桜はこれからも守っていかなくてはいけない」


それは、みなさんに共通した意識でした。

ただ、気になる点は、そうは思っているけれど、実際何をしたらいいのかわからないし、どこまで自分が活動に踏み込んで参加していいのかもわからないということでした。

そこで、淡墨桜を守る活動への関わり方の選択肢を根尾地域の方に提供していくということをしたいと思っています。特定の人だけが淡墨桜を守るのではなく、地域のみんなで守っていく、当然若い人や子供たちも何かしら関わって暮らしている。そんなふうになればいいなぁと思っています。


そこで、タイトルにありますが、日本三大巨桜のひとつ、滝桜がある福島県三春町に視察に行ってきました!
今、帰りの特急の座席でPCでブログを書いています。

23日は、13時に三春町役場の方と合流して、13時半から滝桜保存会の5名の方との懇談会、そのあと滝桜を見学して、15時半からはモーちゃん農場(苗木を育て販売している)に行きました。

24日はいわき市の被災地を巡るスタディツアーに参加しました。
無料の貸切バスで被災地を何か所か巡り、さらに被災された方が語り部となり当時の状況のお話を聞くことができるいわき市が行っているツアーです。しっかり学んできました。

そして、今日は帰ってくるだけなのですが、これから東京駅で“地域おこし協力隊”に興味を持ってくれていて連絡をくれた大学4年生2人とそれぞれ情報交換してきます。


視察についての報告は、また改めて詳しくお伝えします!
d0327814_9374531.jpg

[PR]

by motosu-neo | 2013-07-25 09:41 | 淡墨桜
2013年 07月 12日

こどもたちがみんなで遊ぶこと

僕が小学生の頃、

学校が終わると、放課後のグラウンドで、友達とみんなでサッカーの試合をしたり、

また別の日は、近所の幼馴染3人とドッジボール、野球、サッカーをしたりして過ごしました。

当時は、ファミコンが大流行してましたが、雨が降らなければ友達と外で遊ぶのが当たり前でした。

今は、DSとかで家で遊ぶ子が多いのでしょうか。
都会では、遊ぶ時間を削って習い事や塾に通う子も多いと思います。


今、自分が活動している根尾地域は過疎が進んでいる地域。

根尾小学校の全校生徒は34名。

こどもの数が少ないので、近所で一緒に遊べる友達がいないという子が結構多いです。

集落と集落の距離は、車で20分以上離れている場合もあります。

その場合は、家に帰ってから気軽に友達と外で一緒に遊ぶことができません。

1人で遊ぶか、兄弟で遊ぶか…。

僕自身が、当たり前のようにしていた『みんなで遊ぶ』という事ができないのです。

7月7日(日)、根尾地域のお寺で七夕会が行われました。
d0327814_119698.jpg

今回の七夕会は、地元の若いお父さん、お母さんの企画です。ちょっと当日のお手伝いをしてきました!

お父さん、お母さんの思いは1つ。

「こどもたちがみんなで一緒に遊ぶ時間を作ること」

今回の七夕会!始まってみれば、鬼ごっこをしたり、水をかけあって遊んだり、縄跳びしたり・・・。

こどもたちは自由に、それはもう思いっきり遊んでいました。

裸足でお寺の敷地内を走り回ったり、転んだりして、服もだいぶ汚していました。笑
d0327814_11111443.jpg
こどもたちは遊びたいから遊ぶ。

大人は、ケガしないかな?お友達に悪い事しないかな?と、色々心配するかもしれませんが、こどもたちにとってはそんなことは関係ないかもしれません。
ケンカになったり、ケガをして泣いているこどもがいても、放っておけばこどもたち同士で解決するかもしれません。
d0327814_1113566.jpg
何を言いたいのか、よくわからなくなってきましたが、
自分が子供の時は遊びたいから遊ぶ。どんなに暗くなろうが満足するまで遊ぶ。親に早く帰って来なさいと言われても無視して友達と遊ぶ。けがをしても自分のせいだし、一緒に遊んでいた友達のせいでもない。

最近は、危ないから、危険だから、何かあったら困るから・・・と、こどもたちの周りにいる大人が色々と言うから、こどもたちが自由に遊んだりできない状態になっているんじゃないかと感じることがあります。
d0327814_1119711.jpg
もっと自由に!こどもたちは意外と自分で危険な範囲とか、やっちゃいけないこととかわかっているかもしれません。
自由にもっと遊ばせることで、そういった事を自然と学んでいくのかもしれません。
[PR]

by motosu-neo | 2013-07-12 11:23 | 七夕会
2013年 07月 03日

地道で地道な作業はつづくよ!

ブログ、移転しました。
今後はこちらの方で更新していきますので、どうぞ宜しくお願いいたします!
※ちなみに、前回までのブログはコチラです。


2013年も半分が終わりましたね。
6月の最後の土日は京都に行ってリフレッシュしていました。
大阪の友達と一緒に大原に行って三千院を見たり、アイスきゅうりを食べたり、お酒を飲んだり。
人生初めてのゲストハウスに宿泊して、その日一緒に泊まるメンバー皆で深夜まで飲んだり。
前半戦の締めには最高の旅となりました。


さて、今年も後半戦。
地域おこし協力隊として根尾地域に来て10か月が過ぎ、活動の軸となるものも見えてきました。
僕が取り組みたいと思っているのは、『淡墨桜プロジェクト』!!


樹齢1500余年と言われる淡墨桜(うすずみざくら)

d0327814_17132040.jpg


実は、ちょっと問題を抱えているんです。

1.淡墨桜の種をとって苗木を育てているうすずみ会(地元の老人会の有志)の活動をしているメンバーの高齢化、活動を引き継ぐものがいない

2.うすずみ会の活動が殆ど知られていない、スポットライトが当たっていない



大きな地域の困りごとはこの2つ!
実際に6月に入ってからは、淡墨桜の活動に関わっている地域住民の方や、うすずみ会のメンバーの方にインタビューをしました。実際の声を拾ってきて情報を整理。

当然、根尾地域にとってこの淡墨桜は重要な地域のシンボル。
この桜があるから全国から観光客がこの根尾地域に来ます。


大地震や台風で桜が大きなダメージを受けた時も、この桜は何とか根尾地域の将来のために残さなくてはいけない!と多くの人たちが協力して守り続けてきました。


だから、これからも、その想いは持ち続けなければいけない。


そのために、出来ることが少しでもあるならば、皆が楽しく淡墨桜を守る活動に参加できるような方法があるならば、そのために頑張っていきたいなと思っています。


d0327814_1827529.jpg


8月は夏のイベント盛りだくさんですが、7月はそんなにイベントもなく時間がたっぷりありそうなので、上手く時間を活用してこのプロジェクトを進めていきたいと思います!

出来たら視察も行きたいなー!!
[PR]

by motosu-neo | 2013-07-03 18:40