本巣市地域おこし協力隊~まっくす隊員ブログ

motosuneo.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 28日

ご報告。

2012年9月1日から、岐阜県本巣市地域おこし協力隊として活動をして参りましたが、2015年1月31日を持ちまして退任することになりましたので、ここに報告させていただきます。そして、退任後は地元の北海道に戻ることにいたしました。

任期満了は2015年3月31日でしたが、様々なことを考慮した結果、誠に勝手ながら、自らの意志でこのような決断をすることといたしました。多くの方々にご迷惑をおかけすることになりますこと、心よりお詫び申し上げます。また、本来ならば直接ご挨拶をすべきところ、多くの皆さまにはこの場をお借りしてのご報告となりましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

まずは、本巣市地域おこし協力隊に着任してから関わることができた全ての皆さまに、心から深く感謝を申し上げます。
本当にありがとうございました。

d0327814_11222916.jpg
▲淡墨桜の近くにある秘密の展望台から見える根尾地域の風景(2014年9月29日撮影)


ここからは少し、今の素直な気持ちについて書いてみようと思います。
その前に、今年度に入ってから任期後のことについて、根尾地域の方々をはじめ、日頃お世話になっている多くの方々にご心配していただきました。改めて、ご心配していただだいた皆さま、ありがとうございました。



【地元への想い】

地元の北海道で18年半。
東京で6年弱。
根尾地域で2年弱。
気がついたら、地元の北海道を離れて8年半…。

地域おこし協力隊として活動をする中で、地元の人やモノを"生き生きと"発信する人と出会いました。
"一生を懸ける覚悟"をもって地域のために奔走している人とも出会いました。
このように尊敬できる多くの方々と出会う中で、自分自身に問いかけを繰り返す日々が続きました。
また、地域おこし協力隊として深く関わっていた越波地区での活動を通しても、様々なことを考えさせられました。
廃村寸前という厳しい状況にありながらも、その状況に正面から向き合い、ふるさとである越波を何とか残していこうと奮闘する姿。
越波での活動を通して、自分の地元である北海道のことについて何度も考えました。
地元を離れている分、余計に越波の人たちがふるさとのために頑張っている姿に心を打たれたのかもしれません。

今年2月、東京から地元に戻って起業している方が話してくれた言葉が強く印象に残っています。
「これからの人生を何に使いたいかって考えた時、『地元』のために自分の人生を使いたいと思った。」
こうして地域で頑張っている多くの方々と出会う中で、『地元である北海道』に対する特別な気持ちが湧き上がってきました。



【根尾地域について】

まず、『根尾地域は間違いなく第二の故郷です。』
27年間の人生で、初めて田舎で生活したのが根尾地域でした。
こんなにも"地域と生きている"という感覚の中で暮らしたことはありませんでした.

地域の人と飲み会をすること、地域の皆さんと人生について話すこと、近所の子供たちと一緒に遊ぶこと、みんなが知り合いという中で暮らすこと。日々なにげなく交わす挨拶、ちょっとした会話。
その全ては、今までに住んだ街では経験することができないものでした。
また、地域の方が「将太(下の名前で)」、「まっくす」と親しみを込めて自分の名前を呼んでくれることも、本当に嬉しく思っていました。
地元以外で地域の方からこうやって名前を呼んでもらったことは今までありませんでした。

最近はよく近所の方にお呼ばれ(飲みの誘いを)してもらっています。
そこでいつも話題にあがるのは、自分の任期後のことについてでした。
任期後の動きについて本気で心配してくれていること、本気で自分のことを考えてくれていること、自分の今までの活動を認めてくれていること、根尾地域に残りたいのであれば全力で支援するということ、それらをはっきりと伝えてくれました。
地域の方が誰よりも見てくれていることを知り、言葉では言い表すことができない嬉しさを感じました。

地元に帰ることを話した時も号泣してくれて、その後も変わらずに呼んでくれました。先日は、誕生日も祝ってくれました。
地域の皆さんには本当に温かく接していただきました。



【大事にした部分】

先日、プライベートですが、地域おこし協力隊の同期6人で京都に集まりました。
その時、話にあがったのが「まちづくりって何か?」
そこで、ある隊員が言ったのは、『まちづくり=暮らすこと(生活すること)』
最近、僕もちょうど同じことを考えていたので、ちょっと驚きました。

まずは、まちづくりを考える前に、個人の暮らしがあるということ。
1番身近にいる人、大切にしなくてはいけない人、それらを犠牲にするのは違うような気がします。
最近よく思うのは、家族と一緒に地域に暮らしながら、しがらみとも上手く付き合い、地域活動にも参加している地域の人は自分なんかより、よっぽど立派なんじゃないか、ということ。

今、住んでいる根尾地域に何かが足りないから残らないということではありません。
東京から根尾地域に来た時は、知り合い“0人”でした。(そもそも岐阜県に知り合い“0人”)
しかし、今は周りに自分のことを想ってくれる人が大勢います。
それでも僕は、「地元で暮らしていく」ということを選びました。
これからずっと…と考えた時、地元に帰るという選択は頭から離れることはありませんでした。
最終的に、根尾地域に残らないことを選んだ自分には、東京を離れる2年前に地元に戻れば良かったのではという声も出てくるかもしれません。
ただ、僕自身にとって、地域おこし協力隊として根尾地域で過ごした時間は必要でした。
ここで過ごした時間があったから、自分の「生き方」について本当の意味で考えることができたと思っています。
これは、根尾地域の皆さんから教えていただいたことの1つだと思っています。

これまでも、これからも、自分の決断が正しいか、間違ってるか、良いか、悪いかどうかはわかりません。
わからないからこそ、それを自分で納得のできるものに変えていくしかないと思っています。
次のステージでは、リスタートという感覚はありません。
場所は確かに変わりますが、今までの時間や経験がつながった状態で走り続ける感覚です。

d0327814_20501816.jpg
▲北海道の風景(2013年9月9日撮影)



【地域おこし協力隊について】

現在、「地域おこし協力隊」の制度については、多くの地域で課題や問題点が挙げられています。
僕自身、このブログではその点についてあまり書いていませんが、実際に多くの地域でそういう状況があることについて、多少は把握をしているつもりです。そして、本巣市も他の地域と同様に課題はあります。

僕自身、地域おこし協力隊に着任してから、疑問に思うこと、戸惑うことは沢山ありました。でも、これらについては、誰かのせいにしたり、置かれた状況のせいにするのは簡単ですが、僕は誰かのせいにしたり、置かれた状況のせいにするつもりはありません。ただ単純に、『自分の情熱が弱かった。』だけだと思っています。

現在、地域おこし協力隊は全国に1,000人以上。
1,000人もいれば色んな隊員がいると思いますが、実際に僕が研修などで一緒になった隊員、個人的に連絡をとっている隊員の多くは、"強い信念"をもっている人です。この仕事をしていて心が折れそうになった時、電話やメール等で相談したり、近況報告をしたりする隊員もいました。みんなのおかげで今まで頑張ることができました。
こうした素晴らしい仲間と出会えたことは、自分自身のかけがえのない財産です。


重ねてになりますが、今までお世話になった全ての皆さまに心から深く感謝を申し上げます。
これが最後のブログ記事ではありません。伝えたいと思うことは、また記事にします。
長文ではありましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。
[PR]

by motosu-neo | 2014-11-28 08:59 | 地域おこし協力隊
2014年 11月 21日

道路の冬期閉鎖が迫る中、たった2人だけの集落で行われた雪囲い作業に密着しました。

■11月19日(水)
この日、久々にたった2人だけの越波(おっぱ)集落に行ってきました。

d0327814_1464542.jpg
▲越波集落付近から見える能郷白山(1,617m)は真っ白。


僕が活動している本巣市根尾地域は31の集落があります。
その中でも、最北部に位置する3つの集落(黒津・越波・大河原)は、例年12月中旬~3月下旬の期間は、積雪のため、集落へ続く道が冬期閉鎖になるので、年間を通して生活している人はいません。
※ちなみに、住民票登録は黒津2人、越波2人、大河原1人となっていて、冬期閉鎖の間は、市外のもう1軒の自宅(お子さんのお宅)などで過ごします。
この日は、今年も道路の冬期閉鎖が迫る中、たった2人だけの越波集落で行われた「雪囲い作業」に初めて密着してきました。

d0327814_159471.jpg
▲越波集落の住民である五郎さん(写真左)と、自治会長で五郎さんの弟の三郎さん(写真右)。




d0327814_83039.jpg
▲越波集落の住民である五郎さんは40年にわたり自治会長を務めた。

「越波に人がおらんようになったら廃村になってしまう。」広大な越波の山林を所有し、代々林業を営んできた松葉家の当主五郎さんが1969年、区長に就任した時には既に危機感があった。安価な外材に押されて林業だけでは生活できなくなっており、越波を存続させるための仕事として挑んだのがアマゴの養殖だった。アマゴは、越波で一番親しまれている川魚。発酵させた米こうじでアマゴを漬け込む伝承料理「アマゴずし」は、越波の正月のごちそうだ。清流を利用したアマゴ養殖は挫折と失敗の連続だったが、夫婦二人三脚で何とか今まで踏ん張ってきた。(2011年6月20日の岐阜新聞記事より引用)


アマゴの養殖を日本で最初に始めたのが五郎さんだと聞いています。
軌道に乗るまではかなり苦労をしたようで、かなり昔、4年間は冬期閉鎖した中、越波で過ごしたことがあった。

『農協に借金して越波に養魚場を作って、その借金を返さなくてはいけなかった。それが4年間、冬期閉鎖の越波にいた理由。アマゴでどうにか成功しなくてはいけないという覚悟があったから。必死やったんや。』







そんな貴重なお話を伺いつつ、冬支度は進みます。


d0327814_15404347.jpg

雪囲い用の2mを超える杉板は特注です。
隙間ができないようにしっかりと並べていきます。

d0327814_171649.jpg
▲雪囲い作業前

d0327814_17162594.jpg
▲雪囲い作業後




d0327814_15244540.jpg

黒いホースに何をしているか、わかりますか?

d0327814_15273014.jpg

プチッと、一刺しすると…

d0327814_17181869.jpg

プシャーーーー!!!
噴き出す、噴き出す。
これは家の前の雪を溶かすための手作り装置。
ちなみに水は山からの谷水を使用しているので、流しっぱなしでOK。水が凍ることもないようです。


この日は無事に雪囲い作業、その他の冬支度も終了。
いよいよ寒さも厳しさを見せてきて、予定を急きょ早めての雪囲い作業となりました。
しばらく最低気温は3℃~7℃くらいの予報なので、積雪はもうちょっと先だと思いますが、いつ雪が降ってもおかしくないような時期になってきました。

今年、冬期閉鎖になる前に越波集落に行くことができるのも、あと僅かです。

※越波集落へのアクセス方法はコチラから

d0327814_972095.jpg

d0327814_1716538.jpg

[PR]

by motosu-neo | 2014-11-21 09:20 | 越波地区
2014年 11月 18日

越波集落のホームページが完成しました。

ブログをご覧の皆さまに、お知らせです。

何度も記事にしている、たった2人だけの越波(おっぱ)集落。

今回、なんと越波集落のホームページが完成しました。


d0327814_11591030.png
※クリック→ http://neooppa.wix.com/oppa




越波集落についてですが…、
越波の人たちが持っている冊子「ふるさと越波」を見れば、詳しい情報を知ることができます。
越波にある集会所に行けば、今まで掲載された新聞記事が壁に掲示されています。
根尾地域の人に尋ねれば、越波への道順を教えてくれます。


Web上に載っている情報というのは、今まで殆どありませんでした。
越波に関するブログ記事を書くようになってからは、某TV局の取材も来たりしました(今冬放送予定)。

Web上に情報をまとめておくことで、1人でも多くの方に越波集落の存在を知ってもらえるキッカケになればという思いで作成しました。
理由は単純で、これだけの理由です。


今後、越波に関する新聞記事などが出た場合は、随時その記事を追加で紹介していきたいと思います。

越波の人たちと密な連携をとりながら、細々とではあると思いますが、このホームページを運営していきます。
[PR]

by motosu-neo | 2014-11-18 13:37 | 越波地区
2014年 11月 11日

たった2人だけの集落の思いに寄り添う答えとは?

■11月9日(日)
「越波ふるさと若者交流会」を開催しました。
※イベント開催の目的などについては、10月22日のブログ記事をチェックして下さい。

この日のテーマは、「たった2人だけの越波集落のために、若者の自分たちが出来ることを探る」というもの。
今回、参加者(越波に1度は足を運んだことがある)の若者たちは、真剣にそれぞれが考えていることを発言してくれました。
d0327814_15134215.jpg


d0327814_156736.jpg


「9月に越波に行った後も、本当にふるさとって何だろうってずっと考えていたんですよね。現実的に考えると、この集落をずっと残していくということは無理な部分もあるのかもしれない。形として残すのは難しいけれども、1度でも来てもらった人に対して、こんな村があったんだよーと色々と伝えていくことも1つの方法だと思う。越波は、廃村にはしたくないという人たちがいて、だからこそ、外から越波に来る人が「ここはいいですね。落ち着きますね。」と言ってくれるんじゃないかと思う。具体的には、行事というものを定着させて、その時だけでもいいから人に来てもらうというのがいいのかなぁと思います。あと、越波の良い所は、出来る範囲のことは自分たちでやっていくという姿勢があって、それでいて、外からの人の声に対しても素直に耳を傾けるところだと思う。」


「私が住んでいるのは、大きな街の中でも田舎のほうです。今でも物々交換があったり、近所の人同士で挨拶とかするけど、近くに住んでいる高齢者の方が亡くなるとその人の田んぼがなくなって新しい家が建ち並んでいって、近所の人とのつながりも徐々に消えていく…。徐々に自分の住んでいる周辺も都会化してきている。越波に来て思ったのは、三段滝や蛇池(じゃいけ)の整備とか、越波の人たちが昔のままの姿に戻したいと言った時に、周りの人たちが自然と手伝っている。それを見ると、越波には人と人との関わりがある。そこに携わりたいと思って、私は越波に行きたいと思った。これから越波のために何が出来るか正直わからないけど、私はこれからも越波に何度も遊びに行きたい。」


「私は越波に行くようになってから大きく変わった部分があります。それは、自分の地元を自分の原点だと感じられるようになったこと。今まで地元で過ごした時間についてすごく考えるようになったし、最近は、自分の育ってきた環境について考えることが増えた。越波は、地元にあんまり興味がなかったり、地元=実家がある場所としか考えていなかったりする人に行ってほしいと思う。ちょっと前の私みたいに。そう思うので、越波という場所は残っていてほしいと思う。」


d0327814_1552645.jpg


「どんなに小さくても、細々とでもいいから、越波には、これからも人の縁が繋がっていてほしい。そうじゃないと輪は広がっていかないと思う。」


「私たちみたいな若い人たちが出来ることは、越波を訪れた時に、越波の人たちが気づいていない魅力を私たちと交流することによって気づいてもらうことだと思う。そういう小さなことで何かが変わるきっかけになるかもしれないし、そう思って今日も来ている。これからも越波には通いたいと思います。」


「僕にとってのふるさとは、小さい時に遊んだ場所、友達と一緒に作った秘密基地なんかを思い出す。開発されてどんどん都市化して、そういう思い出のある場所がなくなっていくのは、自分のふるさとが壊されていくような感覚。そういう意味で、越波で復活させた蛇池というのは、越波にとっては大きなポイントになると思う。今後については、新しい人でも参加しやすい定期的に開催されるイベント、またはそういう場所を残していくことが必要だと思う。」


「9月に越波に行った後も、越波に行きたいとずっと思っていました笑!でも、ふと考えてみると行きたいと思う明確な理由はないんです。今後については、誰でもふらっと気軽に立ち寄れる場所を作っておくと誰でも行きやすいのかなぁと思います。」


「越波の人とのつながりが1度でも作れたら、またあの人に会いたいなとも思うし、人とのつながりがあって越波の風景や自然の良さが出てくると思うので、今後もそういう人とのつながりが作れる機会があるといいと思います。」



d0327814_139548.jpg


色んな意見が出て話し合いの終了時間を若干過ぎてしまったので、隣の部屋に移動し、ひとまず昼食とすることに。


d0327814_1564599.jpg
▲新米の根尾米でおにぎりを作る参加者の学生たち

d0327814_1574249.jpg
▲無事に綺麗な三角形になった?おにぎり

d0327814_15151696.jpg
▲きゅうりの漬物(生姜入り)

d0327814_15292997.jpg
▲大根の漬物(ゆず入り)

d0327814_15154498.jpg
▲八つ頭のじくの甘酢漬け(ずいき)

d0327814_15181926.jpg
▲弘法芋の塩煮


今回のイベントでは、新米の根尾米、弘法芋の塩煮、漬物は全部で6種類、宇津志集落の秋のお茶、急きょ差し入れで頂いた淡墨豆腐など、全て根尾地域のものを用意しました。
イベントの趣旨に賛同していただき、ご協力していただいた皆さん、本当にありがとうございました。
参加者にはどれも美味しいと大好評でした!

d0327814_1592910.jpg

昼食後は話し合いを再開。
「越波集会所の一部開放」、「ふるさとを考える場所としての活用」、「ふらっと立ち寄れて休憩ができる場所を用意」、「越波のホームページ作成」、「越波の人と気軽に情報交換できるツール作成」、「週末ワークキャンプ等のイベントの継続」、「年中行事に外から参加しやすいようにする」など、沢山の具体的なアイディアを出してくれました。
参加者の皆さん、本当にありがとうございました。

イベントが終わって家に帰ってから、色々と考えていました…。
今回は、参加者の皆さんに色々と意見を話してもらう前に、まず越波の人に話をしてもらいました。
それは、越波の人々が考えることを最も大事にすべきことだと考えるからです。

越波の人は越波のことをどう考えているのか、何を望んでいるのかということを先に話してもらった上で参加者の皆さんには意見を出してもらいました。
「越波の人たちの思いに寄り添う答え」を見つけようと思って企画したイベントでした。

なかなか即決でコレをやっていきましょー!とはいかないんですが、縁もゆかりもない越波のためにわざわざ集まってくれて、越波の人と同じくらいに真剣に考えてくれて、意見を出してくれて…。
そのこと自体が凄いことだと思いましたし、とても有難いことだなって思いました。

出来ることから、また動いてみます。
越波の人とも改めて相談しつつ、無理なく出来ることを探してみます!



d0327814_1595887.jpg
▲先週迎えた誕生日をサプライズでお祝いしてくれました。ケーキもありがとうー。
[PR]

by motosu-neo | 2014-11-11 14:28 | 越波地区